唯一無二

古着を売ったこ

読了までの目安時間:約 6分

古着を売ったことはあっても和服を売ったという人は少ないので、処分する際には、高値売却のためにネットで買取業者の評判チェックは怠らないようにしましょう。サービスが充実していて高値買取してくれそうな業者というのをリストアップして、複数のところに査定してもらい、比べると目安になると思います。買取額の多寡だけでなく業者の応対の良し悪しも分かりますから、満足のいく結果も出やすいと思います。
振袖は正装であり、着るのは重要な節目の時だと思いますが、それ以外に着る機会はありません。着られる時期にも限りがあります。そう考えると、保管が大変で持てあますくらいなら、着物買取業者に引き取ってもらうのも大事な着物を有効活用する道です。買取価格は、元々の価値と保管状態により、一枚数千円のこともありますが、高級品で状態が良いと、数万円を超える値もつきます。大事な場面で着た思い出や思い入れもあると思います。無料相談や査定を行っている業者も多いので、何軒かで調べ、納得できたときに手放せれば、一番いいと思います。実際、着物買取業者の取り扱う商品は幅広く、着物だけではなく各種和装小物も買い取るところが多いのです。従って、着物と小物をセットにして買取依頼をすると売れるものの幅が広がりますから査定価格に若干上乗せしてくれる業者の話もよく耳にします。着物に合った帯や小物がベストですが、それ以外の小物類も思い切ってまとめ、着物と合わせて宅配便にし、査定してもらうと場所をとる小物を片付けながら、お金も手に入るでしょう。

自分でも忘れているくらい、着物は結構持っているもので着物の買取サービスを利用される方も思いの外、多く見かけます。着物の種類でいうと、どんな着物がよく売れるのかと気になるところですが、どこの地域でも変わらず、訪問着がもっとも高値をつけられます。訪問着は流行に左右されにくく、長い年月にわたって着ることができ、着る場面は、未婚か既婚かに関係なく多いのです。訪問着を買い取ってもらおうかとお考えの方、査定だけでも受けてみることをおすすめします。着物を売る前に、いくらで買い取るか査定を受けますが、着物を持って行った方がいいのか、自宅などでみてもらった方がいいのかどちらを選んだ方がいいかといえば、お店に行けるなら、ぜひ持って行ってください。自分が満足できる査定額でなかった場合に、他のお店の査定に持って行きやすいからです。とはいえ、持ち込みは難しい事情があるなら出張査定の料金がかからず査定の結果に納得いかなければキャンセルできるときちんと明記しているか、調べてください。

大掃除やお節句の時期になるたびに、箪笥で眠っている着物類を整理したいと漠然と考えてはいたのですが、祖母や母の思い出があるしと、滅多なところへは出せないと思い、今まで来てしまいました。でも試しにウェブで調べたら、買取専門業者さんって多いらしいんですね。内心おどろきました。今はブームなんでしょうか。状態次第では高額になるみたいですし、和服専業の買取業者さんだと丁寧に品物をみてくれるんだなと好感を持ちました。とりあえず問い合わせして、査定を依頼しようと思います。
近年、和服・帯の買取を行っているお店は増えましたが、ネット専業の『スピード買取.jp』は、査定員の多さと迅速丁寧な対応が喜ばれています。相談はフリーダイヤルで料金がかかりませんし、24時間365日対応しているため、忙しくても手があいたときに電話できます。(スマホや携帯でもかけられます)無料訪問査定以外にも、宅配や持込に対応しており、気軽に相談できますね。
友達の話によれば、祖母が亡くなり、着物を譲られたけれども専門の業者で、こういう着物を買い取ってくれるところはないかけっこう悩んでいました。ものはいいそうですが、すれたりほつれたりもあるようで買い取りできないときはどうしたらいいのかなどと、いろいろ考えているみたいです。ちょっと考えても、業者は買い取ったものが売れないと困るわけだし、素人が見てもわかるような傷があれば、査定しても値はつかないでしょう。そういう話を何人にもされたようで、友達も売るのはあきらめて、別の処分方法を考えるようです。

祖母が遺した着物があったので専門の業者の査定を受け、買い取っていただきました。私たちが何度も着るような着物はなく、私がこのまま保管しておくのも祖母の本意ではないでしょうし、誰か着てくれる人がいれば、ぜひ譲りたいと思ったからです。いろいろ調べて、複数の業者をあたりましたが、有名作家の作品や、有名ブランドの着物はなかったので、全部でいくらと、どこの業者でも言われました。それでも全ての着物を買い取ってもらい、値段にも満足できました。要らなくなった和服を買取に出すとき、気になるのはやはり価格ですよね。貴金属のように相場表でもあれば見てみたいものです。ただ、中古着物の値段というのは、新しさはもちろん、素材や種類によっても価値が変わってくるので、大雑把な分類すらできない難しい品物なのです。たとえば種類や状態が同等の訪問着があれば、サイズが大きいほうが、着付けやお直しができるので高値で引き取るはずです。街の古着屋ではわかりません。価値のわかる専門業者に見てもらうのが高値売却のコツだと思います。
購入はこちら⇒着物 処分 売る

 

この記事に関連する記事一覧

comment closed

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報